Miki Yoga Notes

ヨガについて、日々思ったことや起こったことを少しずつ。私の個人的な覚え書きが、どこかであなたのお役に立ちますように。

ヨガの前に(八支分について)

こんにちは。

今日はヨガの段階についてです。

 

【目次】 

 

ヨガは8段階の修行

ヨガには修習の8つの段階(8支分)があります。

私はこんなふうに理解しています。

和訳は『インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ』

スワミ・サッチダーナンダ著 より

 

①ヤマ:禁戒  やっちゃダメなこと。

②二ヤマ:勧戒  やったほうがいいこと。

アーサナ:坐法  姿勢を正そう。背筋を伸ばそう。

④プラーナヤーマ:呼吸  ゆったり呼吸しよう。

プラティアーハラ:制感  感情・感覚を制する!周りに振り回されなくなってくるよ。

⑥ダーラナー:集中  そわそわしなくなってくるよ。

⑦ディアーナ:瞑想  そわそわしないでいられる時間が延びたよ。

⑧サマーディ:三昧  ずっと瞑想してるけど楽しくて幸せ〜

 

(ちなみに町のヨガ教室で行われているのは③のアーサナで、①と②はすっ飛ばしちゃってる感じです。ご自身で個々にやってくださいねって事なんでしょうね。)

 

大きくくくると3段階?

これって大きく分けると自己コントロールできる領域の、3つの段階なのかなと勝手に分類しております。

①〜② 行動・発言

③〜⑤ 身体

⑥〜⑧ 精神

下に行くほどコントロールが難しくなってきますよね。

ステップアップには修行あるのみです!

 

自分を整える前に環境も整えよう。

私はこれらの前に「整理整頓:環境のコントロール」っていうステップがあってもいいのかな、と思っています。

これは厳密には自己コントロールではないので、番外編のような感じですが。

 

ハタヨーガ・プラディーピカーには

人里離れたところに簡素な小屋を建てなさい。

(本を手放してしまい原文は忘れてしまいました。)

というような内容の、記述があったかと思います。

そこまでしなくても…ですが、きれいなお部屋で、悩みの少ない状態で

マットを敷いてヨガをしたら素晴らしいんじゃないかな?

 

なので私は、この8支分に 

⓪かたずけ:整環  人間関係・家などの周囲環境を整理整頓する 

を心の中で足しています。

 

この片づけに関する内容の本を、今日再読しました。

『ガラクタ捨てれば未来がひらける:風水浄化術入門』

カレン・キングストン

 

素敵な格言たちを、長くなってしまったので次回のブログで紹介します。

 

 

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

 

 

ヨーガ根本教典

ヨーガ根本教典