Miki Yoga Notes

ヨガについて、日々思ったことや起こったことを少しずつ。私の個人的な覚え書きが、どこかであなたのお役に立ちますように。

ガラクタ捨てれば未来がひらける

こんにちは。

今日は、ヨガをする前に。

とっても大事な身の回りの整理整頓についてです。

 

『ガラクタ捨てれば未来がひらける』

カレン・キングストン

より、私が好きな格言たちをご紹介します。

 

P68

外観は中身を表し、その逆もまた真なり。

これはとてもシンプルですがパワーのある言葉です。

ヨガをしている人で、中身さえ美しければいいと、外観をおろそかにしている方を見かけることがありますが、私はそういう考えは否定派です。

美しいことも優しさで、最低限の身なり・愛想、がないことは、人に対する敬意が欠けている時点で、心の美しさも足りていない気がしてしまいます。

もちろんこれは美人、イケメンの話ではなく、身だしなみについてのお話です。

 

P84

コツはできるだけまめに、いらないものを惜しまず捨てることです。

なんて核心をついた、鋭い指摘でしょうか。

こういった当たり前のことは、結局陳腐に聞こえてしまうのが悲しいですが。

実はこれってとっても難しい…「マメ」と「惜しまず」がね。

 

P85

1 毎日「やること」のリストを制作する。

2 それを大切な順番に並べる。

3 優先順にそれを片付ける。

 

仕事のできる人みんながやっている!と言っても過言でなさそうな、GTDの基本ですが、自分の能力を過信して「頭の中でやってしまおう」と横着して、結局片付かないんですよね。

「毎日(たぶん朝が良さそう!)」と「書き出す」というところがミソです。

 

P92

世界中には何十億人もの人がいて、あなたはその中から付き合う相手を選ぶことができるのです。

心の優しい、一緒にいると元気を分けてくれる相手を選んでください。

これも当たり前ですが忘れがちです。

仕事では仕方ないところもありますが、友人・家族においては、付き合う・付き合わないは、私にも相手にも選ぶ権利があります。

短い人生、なるべく健やかな気分で過ごしたいものです。

 

P101

誰かがあなたを「バカ」と呼んだとします。

あなたが自分を「バカ」だと思っているのなら、このコメントを受け入れます。

あなたもそう思っているけれど、認めるのが嫌な場合は怒って否定します。

でもあなたが「バカ」ではないのなら、そんなコメントは泳ぐアヒルの後を流れていく水のようなもの。

あなたとこの言葉の間に反応しあう要素が全くないため、あなたは何の影響も受けないのです。

「 人から言われた言葉でも、自分が認めない限り、自分を傷つけることはできない」のような内容は、『7つの習慣』をはじめ、沢山の自己啓発書や心理学書で見かけます。

でもこれは、”泳ぐアヒルの後を流れていく水のようなもの”という例えが、ユニークでとっても可愛い!

嫌なことを言われて、頭では怒る必要のないことと、わかってはいても、ムッとしてしまう未熟な私ですが、アヒルと水に当てはめるとクスッと笑って流せそうです。

でも実は、アヒルの後ろを流れている水もどうせ下流に向かってるから、流れる方向は変わらないってこと?

ヒルにバチャバチャされても成分は変わらず、水は水ってこと?

と、よくわからなかったりしますが、深く考えたら負けです!笑

水はアヒルによって流れを少し乱されても、気にせずすぐに元通りになって、また静かに流れるって意味だ。きっと!

 

あなたと言葉の間には、そう!何も反応し合う要素がないのです。

 

P111

人生をどのような方向に進めたいのか書いてみることでしょう。

ー中略ー

最後に「関わる全ての人たちのために、これらのこと、あるいはもっとすばらしいことが起きますように」と締めくくって日付と署名を入れます。

この最後の一文は、あなたの望みにとどまらず、さらによい方向へと進む選択を宇宙に与えるため。

同時に、あなた一人ではなく、周りの人すべてによい結果となることを再確認するためのものなのです。

夢や目標を紙に書くと、人間本来の約束を守ろうという意識が働き、叶いやすくなるそうです。

アスリートや芸能人がよく未来日記を書いていたりするとか。

私も時々やっていて、期限や現状を把握できる、とても良い方法だと思っています。

そして、不思議と結構な確率で叶います。

ところがなんと!「これ以上のことが起こっても良いですよ」なんて欲張りな注釈を書き加えるテクニックがあったとは! 

少しスピリチュアルな内容に見えますが、抵抗のない方は是非やってみたらいかがでしょうか。

 

この本は物のみにとどまらず、

人間関係・タスク・個人空間(家・車)・頭の中、・体の中(腸にまで?)

の整理整頓を、包括的に、ユーモアたっぷりで、率直なわかりやすい文体で、優しく楽しく教えてくれます。

私の大好きな本です。

 

私は、片付けマニアで不用品はもうほとんど持っていないので、これを好んで読みますが「まだまだ、いらないもの持ってるぞ」という方には、まずは『自分が見える』の方をお勧めします。

強烈です!

 

ヨガをする前に住環境を整えて、なるべく頭はからっぽに。

皆様の楽しいヨガライフにきっと役立ってくれる本たちです。

 

 

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)

 

 

 

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

 

  

※私が持っているのは旧版なので、引用のページ数にずれがあります。