読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miki Yoga Notes

ヨガについて、日々思ったことや起こったことを少しずつ。私の個人的な覚え書きが、どこかであなたのお役に立ちますように。

陰ヨガ教室  西川尚美先生 

ヨガの流派 ヨガ日記・その他

様々な流派のヨガ体験記。まずは『陰ヨガ』から!

 

陰ヨガとは、ポール・グリリーさんがアメリカで始められたヨガです。

ご本人による解説はこちら。

www.yogaworks.jp

筋肉をリラックスさせた状態で5分程度のゆるやかなポーズを続ける陰ヨガは「気」の流れや血流を促し結合組織の健康維持に役立つヨーガで、初心者も取り入れやすく、またアクティブなヨーガを補うプラクティスとしても理想的。

(上記ページより)

 とのこと。ざっくり解説すると、脱力とロングホールドなヨガです!

 

実はスタジオに就職した時、「陰ヨガを教えて下さい」と言われたのですが、はて?噂でしか聞いたこと無いぞ?と急いで映像を見て、勉強したのが尚美先生でした。

 http://www.yogalog.jp/sp/staff/?id=1396766545-393591

 

DVDもお出しになられています。

でも、是非生でお勉強したい!表参道まで行ってきました。

 

TOKYOYOGA青山

http://www.tokyo-yoga.com/aoyama/schedule.php

私が受けたのは火曜日14:00〜の陰ヨガレギュラークラスです。

 

こちらのスタジオは、チャマ先生が主催されているそうで、ご本人もワークショップなど担当なさっているようです。

一階がショップになっていて地下がスジオでした。

一階のお店にはヨガ手帳やマットなど素敵なヨガグッズがたくさん!

表参道らしい、とても綺麗でオシャレなスタジオでした。

 

私が受けた時は、参加は二人でした。少人数でゆったり丁寧な指導を受けられます。

いざクラスへ。

 

尚美先生の印象は、カッコイイ、スリム。

声がとっても優しく、丁寧なティーチングで、すぐにヨガの世界に連れていってくださる、ザ・プロで素敵な先生。

美しくて、憧れの大人の女性でした。

 

体の部位ごとにいろいろな感情や記憶がたまっているそうで、その日は太もも周りのトラウマをリリースしました。

気持ちよくプロップスを使ったり、アチコチ伸ばしました。

 

心地よかったのは「あくびは我慢せずしてしまいましょう」との声かけ。

ノンストップであくびが止まらず、私は呼吸が浅くなっているのだなと反省しました。

 

あと、もう一つ。すごーく感動したのが、シャバアーサナ

「奥歯の噛み締めを解きましょう」とよく言われますが、

先生は「一度奥歯をカチカチさせてみるといいでしょう」とおっしゃっていました。

太極拳では歯を何回もカチカチ言わせ力を抜いていくそうです。

よくわからぬままやってみると、これが力が抜けるってことなのかぁと…

顔がフーッと軽くなった感覚です。

いつも力を抜いているつもりでしたが、本当の脱力ってこういうことなのねと。

 

力を入れることが得意な私たちは脱力が苦手だそうです。

陰ヨガを深めると、意識的に力を抜ける度合いが上がり、リラックスが今より上手にできそうです。

そしてホールドが長いので、いつものヨガより自分と対話できた気がします。

 

今回受講した西川尚美先生は、アメブロでグログをなさっています。

自由が丘でのレギュラークラスや、ワークショップも沢山されているようです。

とてもお勧めです。

 

陰ヨガは道具をかなり使うので、できないポーズはきっとありません。

初心者に良さそうです。

力を入れずにやるので、ハードなクラスが嫌いな方にもきっと気にっていただけそう。

逆に運動不足解消にバンバン動くぞ!という気持ちでクラスに入ると、何だこれ?と思っちゃうかもしれません、注意です。

ヨガにリラックスを求める、私のような方はきっと気に入っていただけると思います。

 

お家でやるなら尚美先生のこちらのDVDで。

西川尚美先生、ありがとうございました。
私の陰ヨガ体験記でした。