読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miki Yoga Notes

ヨガについて、日々思ったことや起こったことを少しずつ。私の個人的な覚え書きが、どこかであなたのお役に立ちますように。

永遠のヨギー

ヨガ映画

ナマステ( ´ ▽ ` )ノ

先日イベント参加ブログを書いたので、飛んでしまいましたが、今日はヨガ映画のレビューラスト。

聖なる呼吸 - Miki Yoga Notes

Yoga woman - Miki Yoga Notes

 3つ目の「永遠のヨギー」です。

 

映画「永遠のヨギー ~ヨガをめぐる奇跡の旅~」公式サイト|永遠のヨギー

映画「永遠のヨギー」劇場予告編 - YouTube

 

春頃見ましたが、まだ公開している劇場もあるみたい!

ロングヒットですね(о´∀`о)

 

これは、この本の作者ヨガナンダさんのご存命時の映像をつないだドキュメントです。

あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝

 

 ゆかりの皆様のインタビューも盛り沢山!

ビクラムヨガのビクラム先生や、ビートルズジョージハリスンさん、その他とにかく有名人達!

 

本を読んでいたので、うわぁヨガナンダさん動いてるー(/ _ ; )

と感動しているうちに、あっという間に終わってしまいました。

半年前なのもあって、忘れている事も多いです…

 

覚えているのは「ヨガは内側のことなんだ」と何度も繰り返されたことと、

 

お酒やタバコを嗜むからヨガには向いてないんだという方への、

 どちらも嗜んで、ヨガもしなさい。

ヨガで我慢を覚えたいわけじゃないんだ。

不要なものはいらなく感じるようになるよ。

 のような内容のお言葉です。

DVD出たらちゃんと、引用しますね…

 

あと、ヨガナンダさんが神に語りかけていた?自己紹介の?歌声がインパクト大で面白いです。

まっすぐなヨガと人への愛を感じます。

インタビューを受けていた方も、衝撃だったと笑いながら話されていました。

 

ヨガの先生のプロフィールを見ると、この本をきっかけでヨガを初めた方を時々見ます。

ポール先生もその1人。

https://www.yogaworks.co.jp/productspec/dvd_anatomy/ 

 

私はダイエットのために、ヨガを始めましたが、深めたのは間違いなくこの本がきっかけです。

 

ちなみにこの本を読んだきっかけは、スティーブジョブズさんの伝記です。

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 

 ジョブズさんは年に一度、必ずこの本を読み返されたそう。

 

これ実はめちゃくちゃすごいことです!

なぜならあの本は恐ろしく分厚くて重くて、根気がないと読みきれないからです。

 

当時の私のような、♪週休2日、しかもフレックス〜、サラリーマンならつゆ知らず、あのご多忙のジョブズさんが…

相当のモチベーションです!

 

本の感想はまた別のブログで書きますが、かなりスピリチュアルで好き嫌いが分かれそう。

私は面白くて好きです。

聖書に近い感覚で読んだら大丈夫かと思います。

ほへー昔の人すげー、ぐらいの感じで。

 

映画の方はテンポが早くて、解説も少なめ。

ご本人の残っている映像をできるだけ多く見せたい!というような映画に見えました。

 

なので、ファンというと変ですが、本を読んで尚且つヨガナンダさんに親しみを覚えた方向けの作りだったかなと、思い返せば感じます。

 

でも逆に、本ではサーっと流されている、ヨガナンダさん不遇の時代のことは、新聞などを辿って見られます。

映画はスピリチュアル色控えめに作ってあったかなとも思います。

 

とても長くて、高い本なのですが、是非読んでからのご鑑賞がお勧めです。

 

読むと、身体のヨガをなさっていらっしゃる方には、新鮮なガッツリ心のヨガ、不思議ヨガ?精神世界ヨガ?の世界も見れると思います。

 

抵抗のない範囲で、受け入れたり取り入れたりしていただくと、ヨガを身近なものとして、かつ神聖なものとしても、扱って頂けるんじゃないかなっておもいます。

 

映画の方は、ヨガの西洋欧米輸出の第一歩が、現実的な流れでザーッと見れます。

崇められたり、嫌われたり、日本でもアメリカでもインドでも、ヨガの評価の変化はいつも忙しい。

でも他人からの評価なんて、本質とは関係ないですもんね、とヨガ的に解釈(^_-)

 

周りの方へのインタビューで、ヨガナンダさんのスピリチュアルリーダーぶり、シッカリと伝わってきました。

 

こんな感じの、ドキュメンタリー映画、永遠のヨギー。

 

ヨガの中でも特に瞑想にご興味ある方は、きっと気にいっていただけるはず。

ヨガは運動なんだ!気持ち悪い!という方は無視無視で。

 

こういう自由さがやっぱり良いんですナ。

♪好きです、ヨガはち♪

 

…替え歌の意味は、特にないです!

広告を非表示にする